TOP > 自動車のガラスコーティングを自分で施工する方法

自動車のガラスコーティングを自分で施工する方法

自動車のガラスコーティングは、専門の業者に依頼する方法が一般的ですが、自分でも施工できます。準備する物は、洗車道具一式、シリコンオフ、マスキングテープ、新聞紙、コーティング剤で、直射日光の当たる場所ではウォータースポットやイオンデポジットの原因となり塗装面を傷めてしまうので、屋内で行うようにします。

千葉のカーフィルムの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

作業手順は、まず洗車するのですが、初めに自動車全体に水をかけて大まかな汚れを落とした後、水をかけながら洗車用のタオルを滑らすようにして水洗いをします。

次に、カーシャンプーを使って洗車し、シャンプーを洗い流したら水分を完全に拭き取り、鉄粉やピッチなども完全に除去し、シリコンオフを使ってボディの脱脂作業を行い、再び水洗いをしてシリコンオフを除去します。
次に、ガラス面や樹脂部分、ゴム部分などガラスコーティングを付着させたくない場所に、マスキングテープや新聞紙などを使って覆います。次にガラスコーティングを行うのですが、メーカーによって作業方法や手順が異なりますので、説明書きなどに従って作業し、コーティングが終了したら自然乾燥されます。



自然乾燥は、長時間必要となるので、自動車に埃や水滴が付かないように細心の注意を払い、万が一埃や水滴が付着した場合は、痕跡となって残ってしまうので、全てのコーティング剤を剥がしてから再施工となります。



コーティングを剥がす作業は、非常に硬い皮膜を形成する性質を持っているので非常に困難になります。